レーザー治療が人気

カウンセリング

メスを使わず綺麗に

都市部を中心に美容皮膚科専門クリニックを見かけることが増え、皮膚科として開業していたクリニックも美容医療も兼ねるようになりました。保険診療の場合、基本的に費用をクリニックで勝手に決めるわけにいきませんが、自費診療ではそれが可能です。ですから、同じ治療を別の美容皮膚科で行った場合に費用が違う可能性は大いにあります。初診料に関しては、大抵の美容皮膚科が3,000円、再診料は500円に設定しています。保険診療と違って、他の施術を行う場合はさらに初診料が加算されるので注意が必要です。自費診療は医療を購入するという形になるため、クリニックによってはお得な会員割引制度やポイントカードなどを用意して患者に還元しています。美容皮膚科で人気の施術はレーザー治療で、特に医療脱毛やシミ取りなどが好評です。両脇の医療脱毛を行う場合の費用は、5,000円から10,000円が目安です。なお、両脇の脱毛は5回から6回レーザーを照射する必要があります。シミ取り目的のレーザーは、機器の種類が多種多様です。Qスイッチルビーレーザーの場合1ショット1,000円でできるところもあれば、10,000円のところもあります。シミ一つにつき何ショット必要かは、色素の深さや大きさで決まります。美容皮膚科で行う施術は基本的に皮膚を美しくするためのものです。シミはもちろん、いぼやほくろもレーザーなどで取ることができますし、保険診療でニキビ治療した後に残ってしまったニキビ跡を綺麗にすることも可能です。ニキビ跡治療で行われるのは、レーザー施術やケミカルピーリングなどです。シミと同様に女性の大敵となるシワ治療についても、ボツリヌストキシンやヒアルロン酸の注射治療などをメインに行っています。美容注射にはほかにプラセンタ注射やにんにく注射などがあり、内側からのケアが可能、高濃度ビタミンC点滴などの美容点滴も人気です。それから、頭皮もまた皮膚の一部ということで、薄毛治療を行うクリニックもあります。外用薬や内服薬でも治療が一般的であるものの、成長因子を頭皮に注入する施術も選択可能です。また、エステのようなメニューを用意しているところもあれば、自宅ケアができるように化粧品を販売しているクリニックも多くあります。このように、美容皮膚科ではメスを使わない施術が基本となっています。しかし、皮膚表面の治療だけに留まらず、たるみ治療や顔及び部分痩せ施術を行うクリニックも出てきました。今後も益々施術メニューの幅が広がっていくかもしれません。